シュレッダー|オフィス家具(中古)通販ならHappy(ハッピー)
商品検索
カート


上に戻る

税込み
サカエ emi10
2×10mmのマイクロカット
税込み
アスカ/Asmix S49MF
書類も時間も大幅カット
税込み
TOKAI TSH001BK
デスクサイドにおすすめの小型機
税込み
サカエ 千嘉 senka15c
大人気の省スペースモデル
税込み
サカエ 匠花 shohka28
高速処理とセキュリティの両立

シュレッダーの選び方・仕様の見方

こちらでは各商品詳細ページに記載してある投入幅 細断方式 細断寸法 最大細断枚数 定格時間 質量 容量 メディア類対応の各仕様を分かりやすくまとめました ご参考にどうぞ!

より一層の配慮が求められる、企業機密や社員の個人情報、顧客情報などの漏洩対策には欠かせないシュレッダー。個人情報や機密情報など情報流出の恐れがある資料の扱いには細心の注意が必要です。業務用の大型なものから家庭用のコンパクトなものやマイクロカット、クロスカットといった裁断形状のタイプなど各種豊富に取り揃えております。目的に合わせて適切な商品をお選び下さい。

シュレッダーの選び方

1〜4名程の事務所
使用時間10分以下/日

デスク上やデスクサイドに置けるコンパクトサイズのシュレッダー容量1〜20L程度のものです。

新品商品一覧はこちら

5〜29名程の事務所
使用時間30分以下/日

処理能力が高くオフィスで人気のタイプのシュレッダー。容量21〜50L程度のものです。

新品商品一覧はこちら

30人以上の事務所
使用時間60分以上/日

大量細断、大容量のハイスペックシュレッダー。容量51L以上のものです。

新品商品一覧はこちら

オートフィードシュレッダー

トレイに置いた用紙が自動的に細断口へ給紙されるシュレッダー。
一度に数百枚をまとめて投入でき、自動で処理が進むため実質的な作業時間が短くなるため非常に効率的です定期的に大量の書類を処分する必要のある方におすすめです。 新品商品一覧はこちら

シュレッダー 仕様の見方

投入幅

シュレッダー本体の用紙投入口のサイズになります。投入口のサイズに加え対応用紙サイズを記載してあるので、何サイズの用紙をよく使用しているかをご確認頂き、シュレッダー購入の参考にして下さい。

A4

一般的に使用される用紙サイズです。 あらゆる書類の基本的なサイズで、多くのオフィスで使用されています。

A3

会議での提案資料を作成する際によく用いられる用紙サイズです。 仕事の幅を広げるならまずA3サイズからという考え方もありますね。

細断方式

主な細断方法は3つになります。

ストレートカット

用紙を縦方向に細断するシンプルな細断方式です。このタイプの商品は、価格がリーズナブルでお買い求め頂きやすい反面、セキュリティ性に欠け、細断クズが溜まりやすいです。簡単に書類を処分したい方にオススメのカット方式になります。

クロスカット

縦方向に加えて一定間隔ごとに横方向に細断する細断方式です。このタイプの細断方式が主流となっており、小型から大型の製品まで数多くのシュレッダーがこの細断方式です。

マイクロカット

クロスカットよりもさらに細断サイズを細かくした細断方式です。セキュリティ性が高く、細断クズも細かくなるので大量に書類を処分したい方にもおすすめです。

細断寸法

細断した用紙のサイズを表した数値になります。「幅x高さ」の表記で、数値が小さくなるほど細かく細断出来ます。 ※ストレートカットは、縦1方向のカット方式になるので、「幅何mm」の表記となります。 ※メディア類対応の商品は「何分割」という表記になります。

最大細断枚数

1度に最大で細断出来る枚数を表した数値となります。数値が大きいほど一度に多くの処理が可能です。最大細断枚数とは異なり定格細断枚数の記載があるものもあります。 最大細断枚数で連続で処理させると本体に大きな負荷がかかり故障の原因に繋がります。連続で処理したい方は定格細断枚数で処理することをおすすめいたします。 ※オートフィードシュレッダーは、トレイにセット出来る最大枚数の数値となります。一度に処理出来る枚数とは異なりますのでご注意下さい。

定格時間

安全に紙を連続で細断し続けることが出来る時間の目安となります。定格時間を超えての処理は事故や故障の原因に繋がります。安全に長くご使用頂く為にもこの定格時間内での処理をおすすめいたします。定格時間「連続」と記載がされているものは、長時間処理が出来るタフなシュレッダーになります。細断クズが溜まり、新しいゴミ袋をセットする間にはモーターが冷却されるので、すぐに処理を再開出来ます。

質量

本体の重さになります。数値が低いものは持ち運びや移動が簡単に行えます。数値が高いものは、専用のスペースを設けることをおすすめいたします。

容量

細断クズを収容出来るダストボックスのサイズになります。数値が大きいほとゴミ捨ての回数が少なくなります。 ※細断方式や細断サイズにもよりますがおおよそ1L・・・コピー用紙約30〜40枚分です。

メディア類対応

CD・DVD・CARDなどのメディア類を細断出来るかの表示になります。メディア類の細断以外に、ホッチキスの針やクリップをつけたまま用紙の処理が出来るものもあります。 各商品詳細ページに記載があるのでご覧下さい。

シュレッダーの選び方

1〜4名程の事務所
使用時間10分以下/日

デスク上やデスクサイドに置けるコンパクトサイズのシュレッダー容量1〜20L程度のものです。

新品商品一覧はこちら

5〜29名程の事務所
使用時間30分以下/日

処理能力が高くオフィスで人気のタイプのシュレッダー。容量21〜50L程度のものです。

新品商品一覧はこちら

30人以上の事務所
使用時間60分以上/日

大量細断、大容量のハイスペックシュレッダー。容量51L以上のものです。

新品商品一覧はこちら

オートフィードシュレッダー

トレイに置いた用紙が自動的に細断口へ給紙されるシュレッダー。
一度に数百枚をまとめて投入でき、自動で処理が進むため実質的な作業時間が短くなるため非常に効率的です定期的に大量の書類を処分する必要のある方におすすめです。 新品商品一覧はこちら

シュレッダー関連製品各種のページです。オフィス家具(中古)通販ならHappy(ハッピー)!シュレッダー関連製品のことなら新品、中古・新品問わず何でもご相談下さい。オフィスのHappyへ!